出願・お問い合わせ

卒業生トピックス詳細

2019/03/16

葛西の四季折々(222)「大寒桜」

 3月10日を過ぎると河津桜が葉桜になり始め、シナミザクラと大寒桜が咲き始めます。葛西地区の大寒桜とシナミザクラを求めて散策してきました。
写真をクリックすると拡大されます。



●3月13日に大寒桜が咲き始めていると思い西葛西の新田小学校に行ってきました。例年のように新左近川側の道に面した大寒桜の並木がほぼ満開でした。



●中葛西七丁目のバス通りの街路樹が大寒桜で、こちらも見頃を迎えていました。桜はまだ若木で、これからもっと大きくなって素晴らしい街路樹になると思われます。



●ここの大寒桜をアップで撮ったものです。



●宇喜田公園の野球場の横にシナミザクラが一本あり、満開でした。シナミザクラは中国のサクランボと言われる実桜です。このシナミザクラは西葛西と新佐近川のかもめ橋の近くにもあります。



●シナミザクラをアップで撮ったものです。実桜は雄蕊が長く、花としてはそれほど綺麗ではありません。



●葛西臨海公園の河津桜のそばに西洋実桜が二本あります。西洋実桜は普通のサクランボと言われる品種です。



●葛西臨海公園の河津桜は葉が出始めていましたが、沢山のメジロが集まって蜜を吸っていました。



●葛西臨海公園のトサミズキも満開に咲いていました。



●行船公園の菖蒲田にネコヤナギがあり、花穂が大きくなり、咲き始めていました。ネコヤナギは雌雄異株でこれは雄株です。