お問い合わせ

江戸川総合
人生大学とは

学長あいさつ

人の寿命には平均寿命と健康寿命があります。平均寿命とは0歳の時の平均余命を意味します。一方、健康寿命とは人様のお世話にならずに日常生活ができる期間です。この二つの寿命の差が要介護期間になります。この期間は平均して男性が9年、女性は13年です。
健康寿命をいかに平均寿命に近づけるか、そのためには次の3つが満たされることが必要です。すなわち、「バランスの良い食事」、「適度な運動」そして「生き甲斐」です。
「生き甲斐」は人により異なると思いますが、私は感動することと感謝されることだと考えています。是非、江戸川総合人生大学で自分自身の「生き甲斐」を見だし、健康寿命を平均寿命に近づけませんか。

江戸川総合人生大学 学長 北野 大
秋草学園短期大学 学長
工学博士

大学概要

開学

平成16年10月

趣旨

社会貢献を目指す人々を応援する地域の“新しいカタチ”の大学 ※ です。知識や経験の異なる方々が、年齢を超えて学びます。
※学校教育法等で定める正規の大学ではありません。

学長

北野 大 (秋草学園短期大学学長・工学博士)

キャンパス

江戸川区全体がキャンパスです。講義は、主にしのざき文化プラザで行います。

学部・学科構成

学部名 学科名 主要テーマ
地域デザイン学部 江戸川まちづくり学科 まちづくり
国際コミュニティ学科 国際交流・共生
人生科学部 子育てささえあい学科 子育て・地域教育
介護・健康学科 地域と高齢化社会
定員 全学科共通 25名

学習形態

講義形式だけでなく、講師や学生が十分な議論を行える少人数のゼミナールを中心に、 フィールドワークや社会活動体験、グループ研究など多彩な方法を取り入れて学び、 在学中から実践活動に結び付けていきます。

修学期間

<2年制>
1年次:主に共通基礎科目、専門科目を学び、知識と経験を高めます。
2年次:主に社会活動体験、課題研究を行い、課題認識と実践力を高めます。

共育・協働の場

学生と区による"協働"運営をめざします。 また、講師には、学識経験者や専門家だけでなく、 区内の人材を区民教授として登用することで、"共育"の場を実現していきます。

基本理念

江戸川総合人生大学が目指すもの

今日、少子高齢化や地球環境問題等に代表されるように、私たちは未来を切り開く上での大きな分岐点にいます。 人々の生き方は多様化し、それぞれが人生の可能性を求めて新たな時代に立ち向かい、よりよい社会をつくり上げようとしています。
そのためには、一人ひとりが「今、何ができるか」を自分自身に問いかけることが大切です。
江戸川総合人生大学は、社会の現実や、文化、歴史等の学びを通して、 自らと世界との深い関わりを理解し、どんな力を社会に与え得るかを考え、その可能性を見出す学びの場です。
時代に潜む課題を掘り起こし、豊かな人生を実現する人々の「共育」「協働」の文化を育みます。

大学の基本理念(建学の精神)

「共育」「協働」の社会づくり

総合人生大学は、区民が地域の課題を発見・認識し、その解決に向けて互いに知恵を出し合い、 社会貢献へとつなげられる学びのシステムをつくり、こうした住民に支えられる「共育」「協働」の社会をめざします。

「ボランティア立区」の推進

総合人生大学での学びの中心は実学です。 ひとりでも多くの方が、学びの成果を地域に活かしていくことで、 区民の活動に支えられる「ボランティア立区」の実現につなげていきます。

「地域文化」の創造と継承

総合人生大学は、江戸川区固有の産業、歴史、自然等の学びを通して、地域を理解し、 地域の新しい文化を創造するとともに、その魅力や誇りを次代に継承していくことをめざします。

シンボルマーク

江戸川総合人生大学のシンボルマーク。小さな2つの土の山から芽が出ている。「EDOGAWA SINCE 2004 SOUGOU-JINSEI-DAIGAKU」

江戸川総合人生大学のシンボルマークには、よりよい江戸川区を創造するための“種”をまき、 その“芽”を区民とともに大きく育て、実りを大きくしていきたいという願いが込められています。

設立までのあゆみ

設立準備委員会では、大学の運営方針、設置コース(学科)、学習内容、学習期間、 学習形態等を検討するとともに、カリキュラムの編成などを行ってきました。 平成16年7月13日には、検討結果についての最終報告が行われました。

総合人生大学の理念を語る多田前区長
委員長に選出された淑徳大学教授の北野大氏

設立準備委員会の役割

平成15年10月20日に、総合人生大学の基本的なしくみや具体的な内容を検討するため、 学識経験者3名と区民4名から構成される設立準備委員会(委員長:淑徳大学教授 北野 大 氏)を設置しました。
準備委員会では、大学の運営方針、設置コース(学科)、学習内容、学習期間、学習形態等を検討するとともに、 カリキュラムの編成などを行ってきました。

設立準備委員の皆さん (順不同・敬称略)

  • 北野 大 淑徳大学教授 委員長
  • 坂本 登 常磐大学コミュニティ振興学部教授
  • 西垣 克 静岡県立大学学長 (平成17年4月就任)
  • 宇田川 清江 NHKラジオ深夜便アンカー (区民)
  • 中澤 嗣子 大相撲中村親方 (元関脇富士櫻 夫人) (区民)
  • ミーゲン・トームス 英会話講師 オーストラリア出身 (区民)
  • 高橋 三千世 漫画家 (区民)

特色のある授業

江戸川まちづくり学科

グループワーク
グループの発表
フィールドワーク

国際コミュニティ学科

江戸川インド人会副会長による講義
東京ジャーミイ訪問
グループワーク

子育てささえあい学科

講義
学科長による講義
子育て施設へフィールドワーク

介護・健康学科

学科長による講義
車椅子体験
グループでの発表

よくあるご質問

  • 大学の目的はなんですか?

    江戸川総合人生大学は、社会貢献を志す人々を応援する新しいかたちの学びの場です。 講義やグループ討議、体験学習など、多様な授業で楽しく学び、卒業後に地域貢献活動につながることを目指します。

  • 江戸川区以外に住んでいても入学はできますか。

    江戸川区内在住・在勤・在学が入学の条件となります。 区外に住んでいても、江戸川区内に勤務しているか、在学中であれば入学は可能です。

  • 年齢制限はありますか?

    ありません。

  • 授業料はいくらですか?

    年間3万円です。2年間で6万円になります。

  • 入学試験、卒業試験はありますか?

    入学試験も卒業試験もありません。

  • 何か資格は取得できますか?

    認定資格取得のための科目はありません。

  • 週何回通いますか?

    1年次は週1~3日程度です。選択科目のとり方によって、重なる時期は週3日になることもあります。 2年次は週1日ですが、専門科目の他に社会活動体験を40時間体験します。

  • どのように学びますか?

    専門科目をクラス単位として25名(原則)のクラスメイトと一緒に学びます。 2年間の学びの中では、少人数ゼミナールやグループ研究などを通じて新しい仲間が生まれます。

  • 卒業後はどんなことができますか?

    個人で地域活動に参加したり、新しいグループを作って仲間と一緒にボランティアを行うなど、さまざまな活動に参加しています。