HOMEに戻る

江戸川総合人生大学

※江戸川総合人生大学は、学校教育法上の大学ではありません。
これまでの人生経験や知識を活かして、社会貢献を志す皆さんを応援するために、平成16年に江戸川区が設立した学びと実践の場です。
HOME > 在校生と卒業生のひろば > 江戸川まちづくり学科 > 11期 > 学生トピックス詳細
学生トピックス詳細
2016/02/18 国際コミュニティ学科11期 公開企画(その2)
★区内の散歩・サイクリングコースや桜の名所を展示し、DVDで紹介しました。
桜の季節になったら、外国人の方々にも声をかけ、お花見をしようと計画しています。






★公衆浴場の入り方(英語版)や、区内の銭湯マップ、銭湯グッズを展示しました。



★外国人の方々が日本に住んで戸惑うことが多いという、ゴミ分別について、クイズゲーム形式で紹介しました。


★お互い健康に留意しようということで、健康に関するコーナーを設けました。

☆「ストップ 冬の感染症(英語併記)」の展示の隣では、ガイコツ君が活躍。身体の各部を英語でどう表現するかもあわせて展示しました。


☆血圧測定器を何台か用意し、血圧を測っているところ


☆紙芝居「地震が来たらどうするの?」(危機管理紙芝居シリーズより)を紹介しました。


☆簡単な健康体操を、来場者・スタッフそろって行いました。後出しじゃんけんゲームでは盛り上がりました。


★2回目の健康体操に続く閉会の挨拶。拍子木も登場しました。


★今回の公開企画は、今までの学びを実践できる場として貴重なものでしたが、テーマがうまく伝えられたか、共に語り合うことができたか、課題はあります。
会場で行ったアンケートでは、「イベントの進行が分かりづらかった」「対象者が誰なのか理解できなかった」など、当日の進行に対するご意見もいただきました。また、外国人の方からは「区内に住んでいる外国人の動向について、国ごとの情報がほしい」「日本の歴史、他国との友好交流についての展示があればよかった」といったご希望もありました。
これらの課題・反省点をを今後の活動に活かし、江戸川総合人生大学に在籍する残り半年間を有意義な学びの場にしていきたいと思います。

★会場に足を運んでくださった方々、興味を持ってくださった方々、貴重なご意見をお寄せくださった方々、ありがとうございました。