HOMEに戻る

江戸川総合人生大学

※江戸川総合人生大学は、学校教育法上の大学ではありません。
これまでの人生経験や知識を活かして、社会貢献を志す皆さんを応援するために、平成16年に江戸川区が設立した学びと実践の場です。
HOME > 在校生と卒業生のひろば > 江戸川まちづくり学科 > 8期 > 学生トピックス詳細
学生トピックス詳細
2012/05/10 子ども・子育て応援学科8期 大相撲中村部屋を見学させて頂きました。 
2012年4月20日 子ども・子育て応援学科8期では、講義「大人社会に仲間入りする若者たちは」講師の、中澤嗣子先生(大相撲中村親方夫人)の御厚意により、中村部屋の朝稽古を見学させて頂きました。


朝早い時間から、若い力士さんたちが汗まみれ砂まみれになって、激しい稽古に取り組んでいました。見ていてとても迫力がありました。












これでもか、これでもかという感じの厳しい稽古の後...、

力士さんたち自ら、手作りのちゃんこ鍋やいろいろなお料理で、我々をおもてなしして下さいました。





イメージと違って、ヘルシーでさっぱりしたお料理が多く、どれもとても美味しかったです。
お食事しながらの親方のお話も、とても興味深いものでした。
(本来は力士さんたち自身のお食事の時間だったのに申し訳なかったです。)


中村部屋の皆様、本当にお世話になりました。ありがとうございました。



こんな素晴らしく貴重な体験ができ、江戸川総合人生大学に入学して本当に良かったなと思いました。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

その後の大学での中澤先生の講義で、見学の際の感想を意見交換したり、先生からさらに詳しいお話を聞かせて頂きました。

15,6歳という若い年齢で入ってくる力士さんたちに対して、相撲以外の可能性も広げられるよう、学校に行かせたり、部屋にパソコンルームを設けてパソコンを習わせたりされているようです。
力士として育てるのはもちろん、人として一人前に成長できるよう、いろいろ考慮されて指導なさっていることが、印象深かったです。

今、不確実性の時代で、終身雇用などの思想も薄れてきていますし、目標や仕事を見つけられず、フリーターや無職の生活をなんとなく続けている若い方も多いと思います。

でも、そんな時代の中で、夢や目標に向かって一生懸命に努力している中村部屋の若い力士さんたちは、とても輝いて見えました。


力士さんたちのこれからの輝かしいご活躍を心よりお祈り申し上げます!